スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リップクリーム ランキング

 20年ぐらい前にリップクリームランキングを作成したらどんなリップクリームランキングになったでしょうね。
無論以前からリップクリームランキングはあったのかもしれませんが、現在ほど多様なリップクリームの種類もなかったことは想像がつきます。
 かつて知名度の高かったリップクリームと言うと、「メンソレータム薬用キャンパスリップ」。
テレビの宣伝でも頻繁に流れていたので、その時期にリップクリームランキングを作成したら上位に入っていたのではと考えたりするのですが、もしかして、あくまで10代に向けたリップクリームだったのかもしれないとも思います。
10代向けのリップクリームランキングに入ることはあっても、大人の選択するリップクリームランキングには入らなかったのではないかとも思うのです。
 と言うのは、この頃のリップクリームランキングでは、あまりメンソレータムのリップクリームは上位に入っていないのですよ。
「メンソレータム薬用リップクリーム」って、あまりおしゃれな雰囲気はないですもんね。
リップクリームランキングの上位に入っているのは、そのフォルムやカラーがスタイリッシュなリップクリームが多いですね。カバンから、すっと取り出すとき、おしゃれなリップクリームだと気分も高揚してくるのは間違いのないところ。
 最近のリップクリームランキングで、わりあいに上位によく見かけるのは、DHCの「薬用リップクリーム」です。
これもステキなフォルムで、とてもおしゃれですね。

手作りリップクリーム

 どんなものでも手作りで作ることができたらどんなにいいことでしょう。
 食べ物の安全性や、市場に出回っている商品の安全性が不安視されている今日この頃ですから、どんどん手作りの値打ちは上がっているのでは。
 手作りリップクリームも、できればぜひ作ってみたいものですね。
リップクリームは、今や性別に関係なく、春夏秋冬に関係なく必須のアイテムといってもいいでしょう。
そんな時、手作りリップクリームを作ることができるとなると、安心して使えそうです。
 手作りリップクリームを作ることができるというこであれば、リップクリームの材料から自分で選ぶことができるわけで、どんなものが成分として含まれているのかもちゃんとわかるわけです。
 とは言え、手作りリップクリームというものは手軽に作ることができるのでしょうか。
 手作りリップクリームがすいすい作ることができるととてもありがたいのですが、作るのに長い時間が必要ならば、その手間だけで馬鹿になりません。
手作りリップクリームを作るのをやめて、スーパーで売っているリップクリームを買おうか、ということになってしまいます。
 
手作りリップクリームについて、もう一つ考えねばならないのは、スタイリッシュな手作りリップクリームを作ることができるのか、ということ。
 今時、リップクリームはスタイリッシュじゃないと見向きもされません。
 しかしながら、スティックタイプということでなく、指ですくって塗るスタイルの手作りリップクリームなら、おしゃれ度をそれほど気にする必要はなくなります。
そのタイプの手作りリップクリームであれば、作る時間もそんなにかからないらしいです。

DHC薬用リップクリーム

 薬用リップクリームの中で、DHCの「薬用リップクリーム」が好調な人気を誇っているようですね。
ところで、このDHCの「薬用リップクリーム」は、なぜこれほどの人気を獲得したのでしょう。
 DHCの「薬用リップクリーム」を見ただけで理解できるのは、その外見のおしゃれさですね。
DHCの「薬用リップクリーム」は、すらっとしたスタイルに、やや蛍光がかったピンクのボディラインが、確かに大人の女性をよりステキに見せてくれそうです。
けれど翻れば、DHC「薬用リップクリーム」を中学生なんかが使ったりしても似合いそうにありませんね。
これはあくまで、シティ感覚のある女性にマッチする薬用リップクリームだというところではないでしょうか。
 DHC「薬用リップクリーム」の主成分は、オリーブバージンオイルだということです。
だからDHC「薬用リップクリーム」は、植物性の薬用リップクリームということになるそうですが、唇にとてもなじむということで、うすく一回塗るだけで十分な効果が発揮できるとされています。
さらにDHC「薬用リップクリーム」を使うと、うすい保護膜ができるということで、一回使用するだけで、唇のうるおいがその日一日持続するということです。
そして、DHC「薬用リップクリーム」は、口紅を使った後であろうが、使う前であろうが、塗っても大丈夫だということです。
 これだけの利点ある、人気抜群のDHC「薬用リップクリーム」ですが、中には自分の体質と合わない人もいる可能性があるかもしれませんので、もし合わなかったときは、別のリップクリームを試してみるべきでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。